So-net無料ブログ作成

レーティング Ⅰ  vol.603 [アイラ]

603-1.jpg
 
 
「 GC 」  writes  

桜かと思ったらもう 梅雨ですね、 更新が遅く 申し訳ありませんでした。

今年の梅雨は 入り始めから雨量が多くて びっくりしましたね。

皆様も 体調には くれぐれも お気を付けください。
 

そんな梅雨突入の 6/8(日)、 久々に 府中競馬場まで 行ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 

603-5.jpg
 
 
 
 

お目当ては、 今現在、 世界最強馬の ジャスタウェイの凱旋レース、 安田記念を 観るためです。

1600m走って なんとハナ差 (8cm) で、 ダートよりも時計がかかる ドロドロの馬場で、

最後は2着の グランプリボス の 騎手から 肘打ちが入ってしまっている 大激戦。

( 実はどっちも 肘があたっています。 決定的瞬間を撮りました ↓ )
 
 
 

603-2.jpg
 
 
 
 
 
 

めったにない 極悪馬場でも 勝ってしまう辺り、 さすが 世界最強馬ですね。

見に行ったかいが ありました。
 
 
 
 
 

602-3.jpg
 
 
 
 

今年以前に こんな不良馬場で行われた 安田記念は、 1998年の タイキシャトル以来。

タイキシャトルは その次、 仏のG1レース、 ジャック・ル・マロワ賞を 勝ちます。
 

ジャスタウェイ は 予定していた 宝塚記念を回避して、 仏の凱旋門賞を 目指すとのこと。

世界最高峰の 格付けレース であるうえに、 2400mという距離も 走ったことがありません。

普通なら 実績のある距離 ( 1600~2000 ) なのでしょうが、 世界最強馬であるのもあり、

今まで日本馬は 2着が最高で、 欧州調教馬以外は 勝ったことのない 凱旋門賞への挑戦は、

非常に わくわくしますし、 無事に向かって行ってほしいものです。
 
 

今回、 世界最強馬と 何度も書いていますが、 競馬を あまりご存知ない方は 何を根拠にと

思っているかもしれません。
 

ジャスタウェイ は このレースの前走、 UAEの ドバイデューティフリー という G1レースで、

2着馬を 6馬身 千切ったうえ、 レコードタイムで 優勝しました。

このレースは 登録する馬達が 必勝を期して仕上げてくるG1 の一つで、 そこでこんな 圧勝劇を

見せつけたわけですが、 それを数値化すると、 130というレーティング ( 評価 ) 値が ついたのです。

130 ( ポンド、 ハンデキャップ 重量単位 ) というのは 毎年 1頭いるかいないか の数字で、

今年 130以上は 今のところ ジャスタウェイ 1頭のみです。

10月の 凱旋門賞で もし勝てば、 当然初の 欧州外調教馬ですから、 またレーティングも上がるのでは

ないかと思います。 本当に楽しみです。
 
 
 
 
 
603-4.jpg
 
 
 

さて、 モルトウィスキーでも、 数値化できるものが あります。

その中で 最強のものを ご紹介しますが、 それはまた次回に。
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。