So-net無料ブログ作成

白は夜に目立つ Ⅱ  vol.610 [others ウイスキー]

610-1.jpg
 
「 GC 」  writes
 

今度の日曜日 ( 9/14 ) は 3連休の中日のため、 営業致します


都会の電飾は 華やかでも、 十六夜の スーパームーンには 敵いませんね。

それでは 前回の続きです。

初めて広告に ネオンサインを使用した スコッチメーカーは こちらです。
 



610-2.jpg

         デュワーズ ホワイトラベル ¥700 (右)

同、旧ボトル(750ml特級) ¥1,800 (中)

        デラックス・アンセスター(特級) ¥5,000 (左)


アンセスターも 旧ボトルも 1989年以前ボトリング で、 昔のボトルゆえ、

お値段は かなり高めですが、 どちらも是非 飲んで頂きたい 逸品です。

そして 通常のホワイトラベルも、 この値段ながら 質はとても 高いものです。

また、 今月の KITTY'Sカレンダー の 写真は この 旧ボトルです。

( ブログの タイトルバックの写真 でもあります )

 
 
 
 
白いラベル


この、 デュワーズ と いう名は、 このウィスキーを 造った デュワー家から。

創始者の ジョン・デュワー氏 は、 「 初めて 」 ウィスキーを ボトルに 詰めた人です。

( それまでは 量り売りでした )
 

瓶詰めのウィスキー は それまでなく、 ウィスキーを買いに来る人々は その瓶に

貼っている白いラベルを見て、 「 その ホワイトラベル をくれ 」 と 言って買っていきます。

そのエピソードから 正式に 製品名と なったようです。
 
 
 

ダブル・エイジング


ジョン氏の 相棒で、 初代 マスターブレンダーの A.J.キャメロン氏 も またすごい方で、

原酒を ブレンドした後、 オークの樽に 詰め直し 後熟させる製法を 発明しています。

これにより、 風味が強くなり、 まろやかになったり 余韻が 長くなるようです。
 
 


610-3.jpg
 
 
 
 

現在でも ジョン・デュワー&サンズ社 の 看板商品の この ホワイトラベル は

創始者ジョンの 死後、 1899年に 発売されました。
 
 
この時点で すでにもう 数々の品評会で 賞を授与されていて、 その上 王室御用達の

認可も受けています。

そんな中、 送り出した このウィスキーは、 ジョンの息子 の ジョン・アレクサンダー氏 が 

絶対の自信を 持っていたのでしょう。
 

そして、 その弟の トミー氏が 抜群の 営業力とアイデア、 弁舌で 売りまくります。

前回の ネオンサイン、 これはトミー氏のアイデアで、 その看板の大きさは、 当時の

ヨーロッパ最大のもの だったそうです。
 

他にも 世界初の映画での 飲料広告、 ウィスキーのドキュメンタリー映画制作 など、

トミー氏のエピソードは 枚挙に いとまがないようです。
 
 
 
 
 
610-4.jpg
 
 
 
 

基本の味わいとして、 公式HP では この ホワイトラベル の 味わいを、

ハチミツ、 バニラ、 滑らかさ だと 言っています。

現在も 伝統を受け継いで 造っているようで、 新旧の飲み比べを

なさって頂くのも よいかと思います。

その上で、 デラックス版の アンセスターを とも 思いますが…

まあ それはまた ご随意に。
 


まだまだ 名門デュワーズ の お話は 続きますが 今回は この辺で。
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。