So-net無料ブログ作成

調べた後は (ウィスキーの新時代 Ⅳ )  vol.626 [ブレンデッドモルト]

626-1.jpg



台風が過ぎたというのに、 全然一過とはならず、 ぐずついた天気が続きました。

9月は あまり陽を見なかったなと 感じますが、 雨で台地が冷め、 秋へと一気に 進むのでしょう。

雨が多かったため、 上の写真の様に 猫も 雨宿りしていました。

立ち止った私に 少し警戒していましたが、 雨の方が厭だったらしく、 じっとしていました。




625-4.jpg




こんなに雨が多いなら、 静かに読書 という方も いらっしゃることでしょう。

ただ、 世界は広い!

書物を読むだけでは 飽き足らず、 こんなことまでした方が います。

今回は それにまつわる ウィスキーの ご紹介です。




625-2.jpg


ロシット ¥1,400


こちらも 今までのシリーズと同様、 ブレンデッドモルト です。



The Lost Distillery Company


ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニー社 が手掛けています。

この会社は以前 稼働していた蒸溜所の味を 復活させる事を 目的としています。



再現方法

グラスゴー大学の マイケル・モス 教授監修の下、 書物に記録された 情報を

頼りに 味わいを再現しています。

今ある モルトウィスキーを ブレンドして、 「  こうではないか  」 と する試みです。


Lossit

ロシット蒸溜所は アイラ島 ボウモア村と 島の北東の ポートアスケイグを 結ぶ

直線上の ちょうど真ん中辺りの 内陸部にあった ファームディスティラリー です。


ちなみに ポートアスケイグ の 近くには カリラ と ブナハーブン が あります。

ファームディスティラリー は 農業の傍ら ウィスキーを造っていた 蒸溜所の事。

1817年から 1867年までの ちょうど50年間 存在していたようです。

この辺りは ラベル下部に 記載されています。



625-3.jpg




いろいろと シングルモルトを 飲んでいるなら、 何が使われているか 考えたり、

そうでない方でも ただ、 ラベルを見ながら、 もうない蒸溜所を 素直に

想像しながら 飲んでいく。

秋の夜長に 各々 自由に 楽しんでいただけたら。



共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。