So-net無料ブログ作成
検索選択

名は体を表した。(ウィスキーの新時代Ⅴ)  vol.627 [ブレンデッドモルト]

627-1.jpg



9月からの 日照不足、 そして このところの 気温低下により、

ミントの成長が 著しく 鈍化しました。

昨年よりは 少し早いのですが、 ミント2016 終了 とさせていただきます。

また来年も よろしくお願い致します。



627-3.jpg





樹の上の猫も 降りて そろそろ 暖かい場所を 探すのでしょう。

これから 寒くなるにつれ、 ウィスキー など ブラウンスピリッツに ぴったりの

季節と なります。



今の連載は、 新時代 と 銘打ってはいますが、 ただ単に 新しいというよりは、

ウィスキーの可能性が どんどん広がる という感じで 書いていますので、

ご紹介したものは ぜひ お試しください。




今までは アイラが強調されたものを ご紹介してきました。

味が 比較的分かりやすい という 理由からです。


今回は そこから外れて、 しかし クラシックに、 そういう ボトルの ご紹介です。



627-2.jpg




ウシュクベ 15年 ピュアモルト ¥1,500




聞きなれない名前なのは ゲール語由来 だから なのですが、

こちらは ウィスキーの 語源となった言葉 と 言われています。

そんな 大層な言葉を 冠していたからかなのか、 以前は 陶器のボトルで

とても高価な ブレンデッドウィスキー が 有名です。



現在 大統領選挙が佳境の アメリカですが、 さかのぼる事 1969年の

リチャード・ニクソン氏 の 大統領就任式の パーティで 公式スコッチに

選ばれていることから、 昔から 定評のある スコッチメーカーなのは

間違いありません。




ウシュクベ は 「 生命の水 」 の 意


とても寒い日など、 高アルコールの 飲み物を飲む事で、 体の中から 暖まる、

これはまさに、  「生き返る 」 感覚です。


そのため、 高アルコールの いわゆる スピリッツ を 「 生命の水 」 と呼ぶのは

複数あります ( ウオッカ や アクアヴィット など )。



スコットランド の ゲール語では それが ウシュクベ ( Usquaebach ) です。

ただ、 呼び方は ゲール語の中でも 複数あり、 ウスケボー ( Usquebaugh ) なども

あります。 むしろ、 ウスケボー の 方が 公式的には 正しいでしょう。

しかし、 ウシュクベ という言葉を 採用したのは、 日本では 「 蛍の光 」 の 作者として

有名な スコットランド詩人 の ロバート・バーンズ の 詩に 使われているからでしょう。




やっと モルトに

正直なところ、 このような 大もとの名前をつける と いうこと自体、 私はあまり

好ましくは 思っていませんでした。



そもそも 「 水 」 だから 色は 付けないだろうし、 実際 ウシュクベ と 呼んでた頃は

樽熟成は あまりしていなかったのだから と 思ってしまうのです。

譲って 樽熟成しているのを OK と しても、 「 ウィスキー 」 となった後に 出てきた

グレーンウィスキー を 少しでも使用しているのは どうなのか と 思います。



それで 買わずにいたのですが、 そうしたら ピュアモルト ( ブレンデッドモルト ) で、

しかも ヨーロピアンオークシェリー樽熟成 と、 とても クラシカルな 構成のボトル を

出してきました。

 
やっと、 やっと 名は体を表したんですね と 嬉しくなり、 早速購入した次第です。



実際、 1876年に この 「 ウシュクベ 」 を 商標登録した時は、 ブレンデッドモルト

だったそうで、 このボトルは 原点回帰 なのかもしれないな と 思います。


結構 樽からのスパイシーさ と タンニンのような 渋みが じわじわと 長く 続きます。

甘さが 少ないのですけど、 むしろ 少なくていいと 思えるほど、 気持ちいいです。

マッカランのようなスタイルとは また違う、 シェリー樽 の 素晴らしさだと 思います。


ブレンデッドウィスキーメーカーの強みは 名の通り、 「 ブレンド 」 です。
  
その 卓越した技を 活かしたモルト を ぜひ 味わってください。



共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。